モビットの限度額が0円になったら?

消費者金融はお金に困った時には、非常に便利です。なぜなら、緊急時に対応できるような即日融資のシステムがあるからです。
中でも、その対応のスピードに定評があるのが、モビットです。
モビットは情報化社会に特化し、2012年から「WEB完結型申し込みサービス」を開始しました。このサービスは文字通り、全ての手続きが、ネット上でできるというものです。業界で初めて導入に漕ぎ着けたのがモビットなのです。
このサービスにより、無人契約機に出向いたり、電話や郵送などの煩わしい手続きが一切なくなり、非常に注目を集めました。

モビットは、消費者金融ですが、三井住友グループの傘下にあります。ですので、銀行系消費者金融ですが、管轄下にあるのは、銀行法ではなく、貸金業法です。従って、総量規制の対象に該当します。総量規制では、個人の借入総額は年収の3分の1以内とされているので、モビットの借入限度額もこれを考慮したもので、決定されます。決められた限度額の中でなら、何度でもお金を借りることは可能です。返済を続けて、限度額が元に戻れば、また借りることもできます。しかし、限度額いっぱいまで借りて、残りの枠内が0円になってしまえば、それ以上はお金を借りることはできません。返済を続ければ、その分の限度額は戻り、また借入ができるのは、便利ではありますが、借金ばかりを繰り返してしまう恐れもあります。本来は非常に便利なサービスであることは間違いないので、ご利用の際には、有意義に使っていただきたいものです。